【クラシック作曲家事典−人物紹介・有名曲・CD・スマホ着うた】

バロック音楽の最高峰。音楽の父。

バッハ

「音楽の父」とも呼ばれる、西洋音楽史上で特別に重要な人物の一人。

 

完成度の高い名曲を書いただけでなく、人間業とは思えないほどの量を遺した。

 

バッハ一族は約60名の音楽家を輩出しており、それらと区別するために「J. S. バッハ」とか「大バッハ」と表記することも多い。

 

バロック時代の音楽は、2つ以上のメロディが絡み合いながら同時進行する「多声音楽」であり、古典派以降のクラシック音楽や現代のポピュラー音楽などとまったく異なるサウンドを持っている。

 

そんなバロック音楽の最高峰がバッハです。

 

基本データ

  • ヨハン・セバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach)
  • 1685.3.31生。於 神聖ローマ帝国(現ドイツ)アイゼナハ
  • 1750.7.28没。於 神聖ローマ帝国(現ドイツ)ライプツィヒ

 

生涯

町楽師の末っ子に生まれるが、幼くして両親が死去。

 

親戚の家に引き取られた後、18歳でヴァイマルの宮廷楽団に就職し、オルガニストになる。

 

22歳でマリア・バルバラと結婚。その後、二人の間に生まれた子の中ではフリーデマンとエマニュエルが有名な音楽家になる。

 

32歳の時にケーテンの宮廷楽長となり、作曲活動も充実する。

 

その後、マリアが死亡してアンナ・マグダレーナと再婚し、13人の子供が生まれて末っ子のクリスティアンが音楽の道で大成する。

 

バッハはライプツィヒの音楽監督、ザクセンの宮廷作曲家などを歴任し、経済的にも成功。

 

国王にも謁見し、息子たちは国際的に活躍するセレブ音楽家で、恵まれた環境の中で莫大な量の作曲を続けた。

 

しかし、脳卒中で倒れ、眼病も悪化して65歳で死去。

 

主要作品

作品番号にして1000を超える膨大な作品量がある中で、特に有名なものは・・・

 

  • 主よ、人の望みの喜びよ
  • 羊は安らかに草を食み
  • 目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ
  • クリスマスオラトリオ
  • トッカータとフーガ ニ短調」
  • G線上のアリア
  • 管弦楽組曲第二番より「バディネリ」
  • ゴルトベルク協奏曲
  • シャコンヌ「パルティータ2番」より
  • 小フーガト短調BWV578
  • ブランデンブルグ協奏曲
  • 無伴奏チェロ組曲
  • ロ短調ミサ

 

などです。


バッハ着うた(androidスマートフォン用)

下記のサイトではスマホ(docomo, au ,softbankの3キャリアandroid)でバッハの名曲をダウンロードして楽しめる。

 

クラシックエッセンスフルは、クラシックの有名レーベル「Naxos(ナクソス)」の直営サイト。

 

ガラケーでは無理だった、長い曲もノーカット配信している。

 

▼ココをタップ▼

Naxos直営・バッハ曲DL

クラシックエッセンスフル

カール・リヒターのトッカータとフーガ動画

指揮者、オルガニストとして高名なカール・リヒターの演奏を収録しました。

 

荘厳で見事な演奏です。革靴で足鍵盤でメロディーをガンガン弾く姿もすごい!

 

嘉門達夫の「鼻から牛乳」の原曲(笑)ですが、やはり本物は素晴らしい。