【クラシック作曲家事典-人物紹介・有名曲・CD・スマホ着うた】

人物と主要作品

ショパン

「ピアノの詩人」の異名を持つ、超絶技巧の天才で、前期ロマン派の代表的作曲家のひとり。

 

ピアノ音楽はショパン以前と以後で劇的に変化した。

 

ポーランド人だが、主にフランスで活躍した。

 

基本データ

  • フレデリック・フランソワ・ショパン(Frederic Francois Chopin)
  • 1810.3.1生。於 ワルシャワ公国(現ポーランド)、ジェラゾヴァ・ヴォラ
  • 1849.10.17没。於 フランス、パリ。

 

生涯

ポーランドに移住したフランス人の父のもとに生まれる。

 

母は没落ポーランド貴族の娘で、両親ともに楽器が得意な音楽一家で育った。

 

7歳から本格的にピアノを習い始め、あっという間に上達して、神童として公開演奏を行うようになる。

 

12歳でワルシャワ学院に入学して、作曲家エルスネルの指導を受ける。

 

16歳でワルシャワ音楽院に入学。

 

若くして才能は開花し、10代にして近未来の音楽の姿を示す天才として広く認知される。

 

19歳、ワルシャワ音楽院を首席で卒業して、ウィーンで華々しく演奏家デビュー。

 

ウィーンを経てパリへ。

 

この間に祖国ポーランドでロシアの支配に対する武装反乱が起こるが、鎮圧されてしまう。

 

そのことへの怒りと悲しみから、「スケルツォ1番」や「革命のエチュード」が生まれた。

 

パリでは多くの芸術家や文化人、有力者と交流し、作曲とピアノ指導で高収入を得るようになる。

 

幼い頃に見初めたマリアという女性と再会し、婚約。

 

しかし相手の母親が、ショパンの健康不安(結核持ち)を懸念し、破談。

 

この後、ボトツカ伯爵夫人と交際するようになり、「子犬のワルツ」を捧げる。

 

28歳の時に文筆家のジョルジュ・サンドと出会い、9年間の恋が始まる。

 

特にマヨルカ島でともに冬を過ごした時には、多くの名曲を書いた。

 

しかし、ショパンの病気が進行するとともに、サンドとの関係は恋愛から介護に変化していき、サンドは欲求不満を募らせる。

 

そして37歳の時に別れ。

 

39歳で姉や親しい友人だけに見守られて永眠。死因は肺結核という説が有力。

 

主要作品

作品のほとんどがピアノ独奏曲で、下記の曲が特に有名。

 

  • ノクターン第2番
  • ノクターン第8番
  • ノクターン第20番(遺作)
  • ワルツ第1番 「華麗なる大円舞曲」
  • ワルツ第6番 『子犬のワルツ』
  • ワルツ第7番
  • ワルツ第9番 『別れ』
  • ワルツ第10番
  • 幻想即興曲
  • 革命のエチュード
  • 黒鍵のエチュード
  • 子守唄
  • 前奏曲第15番 『雨だれ』
  • 軍隊ポロネーズ
  • 英雄ポロネーズ
  • 別れの曲
  • バラード1番
  • スケルツォ2番
  • 舟歌

ショパン着うた(androidスマートフォン用)

下記のサイトではスマホ(docomo, au ,softbankの3キャリアandroid)でショパンの名曲をダウンロードして楽しめる。

 

クラシックエッセンスフルは、クラシックの有名レーベル「Naxos(ナクソス)」の直営サイト。

 

ガラケーでは無理だった、長い曲もノーカット配信している。

 

▼ココをタップ▼

Naxos直営・ショパンのピアノ曲DL

クラシックエッセンスフル