【クラシック作曲家事典-人物紹介・有名曲・CD・スマホ着うた】

人物と主要作品

肖像写真

 

2メートル近い体躯、12度の音程が届く巨大な手と、偉大な才能を持っていたロシアの作曲家・ピアニスト・指揮者。

 

基本データ

  • セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ(Sergei Vasilevich Rachmaninov)
  • 1873.4.1生。 於 ロシア帝国、 セミョノヴォ
  • 1943.3.28没。 於 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ビバリーヒルズ

 

生涯

裕福な貴族の家系に生まれるが、セルゲイの生誕の頃にはかなり没落していた。

 

幼少からピアノの才能を見いだされるが、一家が破産、両親が離婚。

 

奨学金を得て、ペテルブルク音楽院の幼年クラスに入学、その後モスクワ音楽院に転入。

 

厳格なピアノ教師ズヴェーレフにピアノの基礎を叩き込まれ、チャイコフスキーに目をかけられる。

 

同期にスクリャービン。

 

作曲にも乗り出すが、交響曲1番の公演失敗で自信喪失、作曲不能状態に。

 

数年後に克服して、ピアノ協奏曲2番という代表作を完成、公演も大成功、作曲家としての名声を確立する。

 

続いて交響曲3番、死の島、ヴォカリーズ、鐘などの代表作を作曲。

 

1917年、祖国ロシアで共産主義革命が起き、北欧を経てアメリカへ。

 

米国では作曲活動は低調になり、主にコンサートピアニストとして活躍。

 

スイスに別荘を構え、パガニーニの主題による狂詩曲などを作曲するが、ナチスの台頭により退去。

 

ロサンゼルスの郊外ビバリーヒルズに住んで演奏活動を続けながら、70歳の誕生日直前に癌で死去。

 

主要作品

管弦楽
  • 交響曲2番
  • 交響曲3番
  • 交響詩「死の島」

 

協奏曲
  • ピアノ協奏曲2番
  • ピアノ協奏曲3番
  • パガニーニの主題による狂詩曲

 

ピアノ曲
  • 前奏曲嬰ハ短調作品3の2

 

声楽曲
  • ヴォカリーズ

 

ピアノ協奏曲2番は複数の映画の音楽にも使われ、ノンクラシックファンにも有名な代表作。

 

作品の調性は、短調の比率が非常に高く、特にニ短調を好んだ。

 

ロマンティックで抒情的な作風は、前衛的なものばかりが芸術とされた時代にはいわれのない蔑みも受けたが、現代の視点で振り返ればその価値に疑いはない。


ラフマニノフ着うた(androidスマートフォン用)

下記のサイトではスマホ(docomo, au ,softbankの3キャリアandroid)でラフマニノフの名曲をダウンロードして楽しめる。

 

クラシックエッセンスフルは、クラシックの有名レーベル「Naxos(ナクソス)」の直営サイト。

 

ガラケーでは無理だった、長い曲もノーカット配信している。

 

▼ココをタップ▼

Naxos直営・ラフマニノフ曲DL

クラシックエッセンスフル

のだめのピアノ協奏曲2番第三楽章

 

またしても「のだめカンタービレ」からの動画です。

 

最近は他のサイト内で表示させない動画も多いので、使いやすいのだめに頼る事情もあります。

 

でも、このドラマは素直に、理屈抜きにクラシック音楽の素晴らしさを伝えていたと思いますよ。

 

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は、出だしもドラマティックですが、ラストも本当に感動的です。